後藤田 正純 公式サイト
Gotoda Masazumi Officlal Website
後藤田 正純 | メンバー紹介 | 水月会-公式ウェブサイト
自民党
facebook
TOP▶活動報告-2020年2月 -2020年2月
■愛媛県
活動報告 | 2020年02月26日    
新型コロナウィルス対応記事発表
愛媛県知事の熱意と誠意が感じられれる。

『確認だけで本当にいいのだろうか』『全員に対し県独自の再検査を〜』『独自の〜』『念のため』
等々の言葉の端々に強い気持ちが感じられる。

徳島とのこの違いは何なんだろうか
■自民党
活動報告 | 2020年02月26日    
待機児童問題等対策特命チーム

企業主導型保育事業の課題と改善策
について
■愛媛県と徳島県
活動報告 | 2020年02月25日    

愛媛新聞と徳島新聞
この差は何なん?

【愛媛県】
真実を伝え、迅速に対応し、結論を示す
【徳島県】
曖昧に伝え、様子見をし、不明確なまま

愛媛県知事の臨時記者会見と迅速な再検査、愛媛新聞の大きく明確な報道といい、同じ四国でこの差は何だろう

愛媛県は23日連絡受け、独自に再検査を実施、本日25日先ほど全員の陰性を確認したようだ。
真実を共有→即時対応→安心へ

徳島県の「安心とくしま」は口だけか
徳島県はどうなっているのか、さっぱりわからない!

先ほど確認したら
「今のところは、再検査の必要はない」と知事が判断したようだ。
危機管理と安心は、「空振り」は良いが「見逃し」がダメだと何度も申し上げたい

■1人1台端末と校内通信整備
活動報告 | 2020年02月25日    

補正予算対策
春休みまであと少し、休校もありかと

この度の有事対策としても、早く導入を進めて、自宅での授業も可能にしていきましょう!

新型コロナウィルスのリスクを考えれば、春休みまであと少しの期間を頑張る必要があるのかどうか。
子ども達には毎年、春休み、夏休み、冬休みあるけど、こんな時に休みにして、夏休み減らせばいいのと違うかな?

権限と責任のある教育委員会や政治が、腹を据えて判断してもよい状況かと。

働く保護者の方々への対策もしっかりとしないとです。

■3月1日から
活動報告 | 2020年02月25日    

3月1日から小中学校一斉春休みに‼️

細かいツッコミや出来ない理由を言われるだろうが、皆で検討してみよう!
今は、既存の学校ルールや慣習を守ることより、子どもを守ることが最優先だ!

この有事にいたり、春休み入るまで頑張って学校に行かせることが正しいか?
春休みが1カ月のびた分は、夏休みを減らせばよいのでは?
また、授業時間消化の問題もあろうが、この度の感染リスクを考えればどちらが正しいか?

春休みが増えた分を夏休みを減らしても、政府が対策をうった、小中学校の空調整備も進んでおり、夏の授業も大丈夫なはず。
もちろん、働く保護者対策もしなければならない。

働く保護者にとっても、いま子どもの休みが増えても、夏休みが減ればさほど変わりはないかと。

新型コロナウィルスのリスクを考えれば、これくらいやるべきでは。
権限と責任は、地方自治、教育委員会ですので、皆さん既存のルールだけでなく、新しいルールを作りませんか!

「空振り」で怒られる方が、「見逃し」「不作為」で取り返しがつかない事態よりは、比較にならないほどマシである。