後藤田 正純 公式サイト
Gotoda Masazumi Officlal Website
後藤田 正純 | メンバー紹介 | 水月会-公式ウェブサイト
自民党
facebook
TOP▶活動報告-2018年12月 -2018年12月
■干し柿、干し芋
活動報告 | 2018年12月31日    
毎年恒例
いつも暖かい皆さん^_^

■年越しそば
活動報告 | 2018年12月31日    
せと家さん!

蕎麦はもちろん、ぷりぷりえび天!
■あけましておめでとうございます。
活動報告 | 2018年12月31日    
本年もよろしくお願い致します

『民主主義の責任』
ー徳島新時代ー
窓を開け、空気を入れ替え、風通しの良い徳島に!

人生で昨年ほど
民主主義について考えた年はない

沈黙を強いられた70年余前
沈黙が苦痛だった時代

沈黙に甘んじた過去20年
沈黙が楽な時代

我々の親や祖父母が沈黙を強いられたそう遠くない70年前

自由に意見を言えない時代

誰かの大きな声に従って生きていかなければならない時代

そんな時代に戦争に突き進み、誰も反対出来ぬままに戦争に駆り出された時代

大本営発表をそのまま伝えるメディアがたくさん存在した時代

敗北から立ち上がり
日本を地道に改革し、この国を立て直そうと未来のために責任を果たし頑張った先人たち

先人たちの努力により
今の平和と繁栄
そして自由と民主主義がある

この20年は
勝利か敗北か?
モノを言ってきたか?
民主主義は息をしていたか?

意見をもっていい
疑問に感じていい
意見を発していい
自由に表現していい
権力を批判していい
ルールを変えていい
違いがあっていい

現代を生きる我々は、70年余前とは違い
自由で民主的な国に幸運にも生きている

しかしながら

我々は
民主主義してるのか?

自由で民主的な現代社会にも拘らず
意見を言えない社会
意見を言えば変わり者と叩かれる社会
目立ったり、みんなと違うとイジメられる学校

地域社会、ムラ社会は
あいも変わらず
出る杭は打たれる
長いものに巻かれる
寄らば大樹の陰
雉も鳴かずば撃たれまい

あいも変わらず
誰かの大きな声に従い
いつも周りを気にし
違う自分を演じ
ただただ旧いしきたりや慣習やルールになんとなく従っている

不満だけどそれが楽だと自分に言い聞かせる

あれ?
70年前と似ていないか

今の日本は70年前と比べて
豊かで自由で民主的な国になっているはずなのに

この国の民主主義は
いったい息をしているのかわからなくなる

誰かの大きな声に従うことが楽だから
敗北認めたくない
気付かないふりが楽だから
未来から目を背けた方が楽だから
今さえ良ければよいと思えば楽だから

茹でガエル状態

日本の過去20年は?

○世界一の少子高齢化社会
○一人当たりGDP先進国最下位
○東京一極集中
○過去最高の借金
○異次元金融緩和
○過去最高の歳出予算
○情報・流通はiPhone、Twitter、Amazonら海外資本の支配下

徳島の過去20年は?

◉魅力度ランキング2年連続ワースト2位
◉宿泊者数全国最下位2010〜2017
◉糖尿病死亡率ワーストは常連
◉人口減少率四国で一番悪化

きわめつけは
◉記念オーケストラ事件ー知事の親しい女性に10億円発注実刑判決

この現実に
国民・県民は、まだ沈黙を続け、敗北に目を背けるのか

沈黙は恥
忖度は屈辱
敗北や停滞は
先人と未来への背信だ

少なくとも民主主義が今よりもっと機能すれば
この国はもっと素晴らしい国になるはず

現実を今一度見つめ直す
世界規模、地球規模のより高いより良い理想を掲げてみる

もっと頑張らなくてはならない
今一度復興しよう
今一度世界基準になろう
そういう気持ちになるはずだ

国民一人一人が
そして
負託を受けた全ての議会人が
自分で考え
自分で決め
自分で意見を述べ
自分で責任をとる

民主主義の権利だけではなく
民主主義の責任を果たす時代

新しい時代
新しい元号

先人の犠牲のもとにある民主主義
民主主義をもっと大切にし、もっと生かし
息を吹き返すべき時にきている
■石破訪中団
活動報告 | 2018年12月29日    
お互い引っ越しの出来ない隣国
日頃からの対話友好が重要!
文化・スポーツ・エンタメや青少年交流により、両国民同士の好感度を上げていく努力をして参ります。
■宋慶齢青少年科技文化交流中心
活動報告 | 2018年12月29日    
宋家三姉妹の宋慶齢は孫文の妻
妹の宋美齢は蒋介石の妻

出迎えてくれた4歳の女の子、7歳の男の子は、英語がペラペラ
教育への力の入れ方にある意味世界戦略を感じる。

日本は人口減少、少子高齢化
一人当GDP世界30位、GDPの倍以上の長期債務
日本語は日本だけの言語

日本の現状と未来に危機意識を国民全体で共有しているだろうか。
一刻の猶予もない。

外気温は−10℃
凍った湖でアイスホッケー

前のページへ |活動報告トップへ| 次のページへ